• 投稿公開日:2023年10月26日
  • 投稿カテゴリー:ブログ

30歳になって周りを見渡すと、仲の良かった友人や職場の同僚がどんどんと結婚しているという事実に気が付き、急に焦りを感じて、「自分はやばいのではないか・・・」と不安になってしまう時がある男性は意外と多いです。

30歳以降になると年齢を重ねるほどに、結婚できる確率が下がっていくという現実があるので、もし、あなたが将来的に結婚したいと考えているなら、不安に感じた今が、行動を起こすのにちょうど良いタイミングなのかもしれません。

この記事では、30歳の独身男性がやばいと言われる理由をはじめ、女性からヤバイ認定される独身男性の特徴、実家暮らしは貯金があっても婚活に不利なのか、結婚するための対処法などについて解説していきます。

結婚したい!と考えている30代の未婚男性はぜひ最後までご覧ください。

Contents

30歳独身男がやばいと言われる3つの理由

では早速、30歳を過ぎて独身でいる男性が「やばい」と言われる3つの理由を解説します。

理由1.男性の初婚年齢の中央値は28~29歳、最頻値は27歳

2020年の国の統計データによると、男性の初婚年齢の中央値は28~29歳であり、最頻値は27歳です。

このようなデータが存在しているため、30歳で独身の男性はやばいと言われることが多いことが推察されます。

メディアでは「平均初婚年齢」が取り上げられ、「晩婚化が進んでいる」という内容のネット記事を目にしたことがある人も多いと思います。

上記の2020年データにおいて、男性の平均初婚年齢は31歳とされていますので、確かに、「平均値」だけど昔と比較をすると晩婚化が進んでいるというのは事実だと言えます。

しかしながら、「実体を色濃く反映している」のは、「中央値」や「最頻値」のデータですので、晩婚化が進んでいる現代においても、20代で結婚している男性が多いという点は、しっかりと認識しておく必要があるでしょう。

出典:内閣府男女共同参画局コラム平均値と最頻値考察~「平均初婚年齢」と「初婚年齢の最頻値」の間には3歳から4歳の差~

理由2.30代に入ると出会いが減ってくる

30歳で独身だとやばいと言われる2つ目の理由は、30代になると出会いが減りやすくなるためです。

20代の時期には、合コンや飲み会などの機会が頻繁にあり、パートナーシップを時間をかけてゆっくりと築いていくような恋愛が楽しめました。

しかし、30代に差し掛かると、周りには既婚者が増え、合コンなどの機会が減少し、素敵な女性との出会いも減少傾向になります。

さらに、30歳を超えると、「結婚」を意識せざるをえない年齢になってきているため、感情だけで関係が進展する機会は希少とも言えるでしょう。

結婚を急ぐ気持ちが強まるほど、時間を無駄にしないために、お互いの条件等も重要視するようになるため、「純粋な気持ちだけでの恋愛関係」につながる出会いがますます少なくなるのが現実です。

若い頃のように、ワクワクしながら片思いして、交際を始めるといったことが、30歳を超えるとなかなか難しくなるという覚悟が必要です。

理由3.男性も年齢と共に子供に関するリスクが上がる

30歳で独身だとやばいと言われる3つ目の理由は、年齢が上がるごとに精子の老化が始まり、子供に恵まれにくくなったり、恵まれたとしても病気のリスクなどが高まるとされているためです。

不妊症と聞くと、女性の問題という意識で、どこか他人事とになってしまう男性や、「何歳になっても子供をつくれる」という考え方を強く持っている男性もいるかと思います。

しかしながら、最近の研究では、男性も35歳頃を境に妊娠率が低下することが報告されていますので、将来的に子供が欲しいと考えている場合には、早めに結婚相手に巡りあうことが望ましいと言えるでしょう。

出典:日産婦誌66巻2号

女性からやばい認定されやすい30代独身男性の5つの特徴とは

30歳で未婚の男性がやばいと言われる理由を解説してきましたが、ここからは、女性から「やばい」と思われやすい30代独身男性の特徴を5つ挙げていきます。

自分自身が当てはまっていないかチェックしてみてくださいね。

特徴1.経済力がない独身男性

多くの女性が、パートナーに経済的な安定を望んでいます。

特に子供をもつことを考える女性ほど、男性に経済力を求める傾向性が強いです。

どうしても女性の場合は、妊娠・出産のタイミングには仕事を休まざるをえないため、その期間はパートナーに経済面を支えてもらう必要が出てきますし、子供を育てていくためには生活費だけでなく、学費や習い事代などの教育費も発生するため、やはり経済的に安定している男性の方が安心感があり、惹かれやすいのでしょう。

また、厚生労働省の統計データによれば、男性の平均給与は577万円、女性の平均給与は279万円で、男女間の給与格差は、男性100に対して女性は75.2となっていますので、この点からも、女性が経済的な安定を求めるのは理解できるところです。

婚活に取り組む場合、経済力は女性から重視されやすいポイントですので、特に、平均年収に達していない男性は、より高収入が望める転職先を検討したり、副業にチャレンジしてみるなど、少しでも収入アップをする方策を考えてみると良いでしょう。

出典:厚生労働省統計データ

特徴2.貯金がない独身男性

経済力と共に、貯金の有無というのも女性が気になるポイントで、特に、30歳にも関わらず「貯金なし」の独身男性は、やばい認定される可能性が極めて高いです。

30歳という年齢は、充実した社会経験を積み、20代の若い頃に比べて収入そのものもアップしていて、貯金もそれなりにあるものと一般的には考えられます。

しかし、このような状況で「貯金ゼロ」だとすると、結婚相手として考えた際、「結婚してもお金がどんどんと出ていく一方なのではないか」「不安定な結婚生活になりそう」と不安に思われやすいです。

貯金がないということは、「計画的に物事を考えるのが苦手」という印象を与えてしまいます。

もし現時点で貯金がないということであれば、今から少額でも良いので、お金を貯めることを強く意識した生活を過ごしていきましょう。

交際相手から貯金がない理由を聞かれたら、正直に伝えることが大切です。

万が一、ギャンブルなどに夢中になってしまっていたことが貯金ゼロの原因であるという場合、結婚したいと考えているなら、すぐに断ち切る覚悟を持つことが必要かと思います。

特徴3.実家暮らしの独身男性

独身で30歳過ぎた男性が実家暮らしをしているというのも、女性からやばいと思われやすいです。

一般的な女性視点では、親との依存度が高く、実家でずっと生活している男性との結婚は躊躇してしまいやすいです。

実情がどうであれ、実家暮らしをしているということは、マザコンのように思われやすく、また、親に身の回りの世話をしてもらっていることが想像されることから未熟な印象を女性に抱かれてしまいがちです。

結婚すると「嫁姑問題」によって離婚に発展してしまう夫婦も決して少なくありません。

実家暮らしの男性の場合、結婚後の親との距離感や付き合いが高頻度になることの懸念や、家庭運営に何かと口を出されるのではないかといった不安を女性は特に強く感じやすいので、そういった懸念を払拭することが大切です。

「親よりも配偶者の絶対的な味方でいる」という意志があることを、折に触れて相手に表現することも効果的です。

実家暮らしをしているのは、単に依存心が強いであるとか、マザコンだからといった理由だけには限らないかと思います。

30代で実家暮らしをしている独身男性が、女性からやばい認定されてしまいやすいというところは否定できませんが、何らかの理由があるのであれば、その理由はしっかり伝えることが大切です。

特徴4.生活力がなく家事ができない独身男性

実家暮らしの独身男性が敬遠される理由として、「生活力が低く、家事も全然できない」という印象を与えてしまうということも挙げられます。

家庭的な女性がモテることは広く知られていることではありますが、近年では共働きで家庭を運営していく夫婦も多く、男性にも家庭的な資質があることが求められています。

家事が一切できない男性と結婚するということは、結婚後の家事を一手に引き受ける可能性が高いことから、結婚後も仕事を続けていくことを考えている女性にとっては、結婚相手として選ぶのに不安が生じてしまうのは当然のことかと思います。

「男は仕事、女は家庭」という考えは現代では時代遅れの考え方として浸透しつつありますので、男性も、独身時代から家事に携わることが非常に重要です。

明治安田生活福祉研究所の出産・子育てに関する調査報告によると、将来子供を持ちたいと考える女性が最も求める要素は「夫の家事・子育てへの協力」であることが明らかにされています。

このことからも、「家事や子育ては女性の役割」という古い価値観は、もはや通用しないことが言えます。

特に、30歳以上で独身生活を経験したことがない男性や、積極的に家事や子育てに取り組まない男性は、その重要性を認識しておくことが大切でしょう。

特徴5.相手に高望みしすぎの独身男性

彼女や結婚相手に、「年齢は20代じゃなきゃ」とか「モデル体型の美人としか結婚したくない」といった、高望みしすぎの独身男性の発言を耳にすると、女性からは「やばい人…」と思われます。

明治安田生活福祉研究所の「35~54歳の結婚意識調査」のデータによると、「理想を下げてでもとにかく結婚したい」と考える人々が、条件を引き下げるべきだったと感じる傾向は、男女ともに「30代前半」に集中しています。  

この結果は、高望みで条件ばかり挙げてしまうのは「やばい」ということを示唆していて、婚活を長引かせる要因にもなると言えるでしょう。

自分自身が思い描く理想の女性と出会えることがもちろんベストではありますが、どんな人にも欠点はあり、完璧な人というのは存在しません。

たとえ、他人からみたら欠点と思うことでも、自分にとっては可愛く思えたり、愛しいと感じることができるような女性と出会って結婚できることが、幸せな結婚生活へとつながっていくのだろうと思います。

男性の場合、女性の年齢や見た目を重視する人も多いですが、年齢はどう頑張っても一年ずつ増えていきますし、年齢を重ねれば誰しも見た目の変化は出てくるものです。

婚活をしているとどうしても条件ありきにはなってしまうと思いますが、「内面的な部分であなたが絶対に譲れない条件」を決めて、その点を重視して婚活を進めていく方が、将来的な人生への満足度は高くなると思いますので、ぜひこの点は頭に入れておくと良いでしょう。

実家暮らしの30代独身男性は貯金があっても結婚は不利なのか

30歳で実家暮らしをしている独身男性は、女性からヤバイ認定されやすいということを先ほどお伝えしましたが、実家暮らしの場合、「貯金しやすい」というメリットもあります。

実際、しっかりと貯蓄をしている実家暮らしの男性も多数いらっしゃると思います。

しかしながら、実家暮らしをしている30代の独身男性というのは、仮に、貯蓄額が多いとしても、それほど大きく女性側の印象が変わるということはないと思っておいた方が良いでしょう。

特に、将来的な結婚を意識して婚活をしている女性の場合、

・男性側の両親との関係(特に、母親との関係)
・家事能力や生活力の高さ
・結婚後の義実家に対する支援の必要性の有無

といったあたりのことを気にすることが多く、実家暮らしの男性に対しては、これらの点に不安を感じるため、婚活においては不利に働きやすいです。

結婚するにあたって、もちろん貯蓄があるに越したことはありませんが、「自分は貯金がかなりあるから大丈夫」とは思わず、女性が安心できるような言動や行動をすることの方が、はるかに重要であると言えます。

一例ではありますが、

・実家暮らしをしている理由を明確に伝えられるようにする
・もし、家族の問題があって実家暮らしをしているのであれば、結婚後に極力影響しないよう解決に向けて取り組む
・家事能力や生活力をより一層、高める努力をする

など、実家暮らしだとしても、できることはたくさんあると思います。

もし、あなたが結婚したいと考えているならば、ぜひ前向きに取り組んでみてくださいね!

その他の「実家暮らしをしていたとしても、婚活で成功するために大切なこと」を以下の記事で紹介していますので、気になる方はぜひ参考にご覧ください。

やばいとは言わせない!30歳の未婚男性が最速で結婚するための3つの対処法

ここからは、結婚したいと考える30代の独身男性に向けて、婚活を成功させる重要なポイントを解説していきます。

理想の結婚生活を思い浮かべ、実現につながる「絶対に譲れない条件」を明確にする

まずは、あなた自身がどのような結婚生活を過ごしたいかを思い浮かべてみましょう。

その上で、どのような結婚相手に恵まれたら、あなたが思い描く幸せな結婚生活を実現できるのかを考えて、「絶対に譲れない条件」を明確にすることが大切です。

婚活において男性が女性に求めがちな条件として、「年齢」や「見た目」といった外見に関わる部分に意識が向くことが多いですが、それらは「幸せな結婚生活の実現」のために、本当に譲れない条件となりえるのかは、よく考える必要があります。

先ほどもお伝えしたとおり、年齢や見た目というのは、時間の経過と共に、必ず変わるものです。

必ず変化することが分かっている条件は、幸せな結婚生活を実現することに一時は貢献しますが、「変化することが決定的」であるからこそ、その幸せが「永続すること」にはつながらないことが推察されます。

幸せが永く続く方が良いと考える場合は、「極力、変化が生じない内面的な条件を大切にする」ということを意識することが、より良い結婚生活につながる非常に重要なカギになると言えます。

ぜひ今一度、真剣に、あなたにとっての幸せな結婚生活が永続することにつながる「絶対に譲れない条件」について、考えてみてくださいね。

自分の外見・内面の両方を磨く

見た目がさわやかで清潔感がある男性というのは、女性の目に魅力的にうつるものですので、髪型・ヒゲなどを整えておくことは大切です。

そして、意外と重要なのがファッション(服装)です。

おじさんっぽかったり、一般的にダサイと感じられるような服装は、どうしても女性に嫌われやすいですので、服装のコーディネートに自信がない人は第三者に相談する方が安心かと思います。

婚活の場面においては、「スタイリッシュ」「シンプル」を意識して服装選びをすると、ハズレにくいです。

また、人間力、コミュニケーション能力といった内面部分についても磨いておくことも大切です。

見た目は第一印象に大きく影響を与えるものですが、内面部分は、長期にわたって影響を与えるもので、円満な夫婦関係を継続させるために非常に重要なものです。

人間力やコミュニケーション能力というのは、結婚生活だけでなく、仕事面においても良い効果を発揮するので、能力を磨いておくことに損はありません。

「どうしたら相手が喜ぶか」ということに意識を向けて、日ごろから過ごしていると、人間力が高まりやすいので、ぜひこの点を心がけてみてくださいね。

30代が結婚しやすい場所で婚活をする

街コン、婚活パーティー、マッチングアプリなど、婚活にも様々な手法がありますが、結婚を真剣に考えているのであれば、結婚相談所での婚活が最良の選択となります。

30代になると結婚できる確率が低下してくることから、まず、「少しでも早く、結婚を意識した出会いができる場所で婚活をスタートする」ということが大切です。

街コン・婚活パーティ・マッチングアプリは、年齢層が比較的若めの層が多く、また、結婚への真剣度合いが薄く、結婚というよりは恋愛を目的とした出会いを求めている人の方が多い傾向があります。

お金目当てであったり、ご飯をご馳走してもらうことを目的に参加している女性も少なからずいますので、「結婚への意欲が高い人と出会える場所で婚活する」方が安心です。

30歳独身男性は結婚相談所なら婚活が有利にすすむ可能性が高い

もしあなたが、「このままでは、やばいかも…」と感じて、結婚に向けて動き出したいという場合には、結婚相談所での婚活が最良の選択となります。

男性が結婚相談所で成婚しやすい年齢は30~34歳

日本最大級の結婚相談所連盟であるIBJが、結婚相談所で実際に活動して成婚した人のデータを分析した「2022年度版 成婚白書」をみますと、男性の成婚しやすい年齢層は、30~34歳がボリュームゾーンであり、それ以降は年齢を重ねるごとに成婚率が低下していくことが分かります。

ですので、もしあなたが30歳であれば、ちょうど成婚しやすいタイミングで婚活に取り組めるということになりますので、一歳でも若いうちにチャレンジするのが良いと言えます。

出典:株式会社IBJ「2022年度版 成婚白書」

結婚の意識が高い人だけが集まっているので効率的に婚活ができる

結婚相談所で活動するためには、独身証明書をはじめ、あらゆる証明書類の提出が必要となるので、婚活をスタートするまでに手間がかかりますが、「それでも結婚したい!」という意欲が高い人が集まっているというのも、また事実です。

結婚の意志があるのかないのか分からない人と交際していると、年齢ばかり重ねてしまうことになりますが、結婚相談所での婚活であれば、結婚に向けての意思疎通が図りやすいので、効率的に結婚へとつなげていくことができます。

アプリなどと比べて、結婚相談所の場合は金銭負担が多くかかることになりますが、費用がかかるからこそ、無駄に活動期間が長引くことがないよう、婚活への本気度も自然と高まります。

30歳を過ぎれば、仕事においても責任ある業務を任されることも多いので、お仕事面での精神的ストレスというのも相当にかかっているものだと思います。

仕事もプライベートも大変な状態では、身体的なことはもちろん、メンタル面への影響も心配ですので、効率的に婚活ができる環境を整えるということは、とても大切なことでしょう。

自分の魅力や短所を客観的なアドバイスから知ることができる

30代になっても独身でいる自分に対して、自信をなくしてしまっている男性もいらっしゃるかと思いますが、たまたま今まで良いご縁に恵まれなかっただけのことにすぎません。

人にはたくさんの良いところがありますので、決して自分のことを卑下する必要はありません。

結婚相談所に所属をすると、カウンセラーがサポーターとして、あなたの婚活を支援してくれますので、あなた自身が気が付かなかった魅力や長所に気づかせてくれたり、「こうしたら、もっと魅力的になる」という客観的なアドバイスももらうことができます。

結婚相談所ハレシアでは、姓名判断を活用しながら会員様の魅力を引き出し、ご本人自身も気が付いていなかった長所に気づいて、どんどんと自分に自信をもってもらえることを大切にしたカウンセリングをしています。

また、髪型や服装などの外見・ファッションに関しても、女性から選ばれやすくなるようなアドバイスをしていますので、見た目や自分のセンスに不安がある男性も安心して活動できます。

なお、ハレシアの姓名判断では、「離婚可能性の高さの有無がわかる相性鑑定」も提供していますので、相性が致命的に悪い女性を回避することに役立てていただけるようになっています。

男性の中でも、「子供が恵まれた際には良い運勢の名前をつけたい」と考えるタイプの人には、特にマッチするサービスかと思うので、ご興味がある方は、ぜひ一度、無料カウンセリングにお越しいただければと思います。

結婚相談所での婚活は、カウンセラーとの相性も重要な要素ですので、無料カウンセリングでしっかりと見極めすることが大切です。

婚活をしていると、相手にお断りされてしまうという経験をしますので、メンタル面のダメージを負いやすいので、「この結婚相談所なら、このカウンセラーとなら、前向きな気持ちで婚活を頑張れそうだ」と思える場所を選ぶようにしましょう。

ちなみに、ハレシアも加盟しているIBJ(日本結婚相談所連盟)であれば、自分自身の婚活状況をデータで把握することができます。

自分自身がどのような女性から好意的に思ってもらいやすいのかをはじめ、自分自身がお断りされてしまう理由も知ることができるので、データを元に適切な改善策を講じていくことも可能です。

他の結婚相談所やマッチングアプリでは、データを活用した婚活はなかなかできませんので、結婚相談所で活動するならば、日本最大級の会員規模を誇るIBJに加盟している結婚相談所を選ぶと安心です。

まとめ(30歳独身男はやばいと思った今こそ、結婚に向けて婚活をはじめましょう)

30歳過ぎて独身の男性は、ご紹介したような様々な要因によって「やばい」と思われてしまうことがあることは否定できないところです。

ですが、人にはそれぞれ事情もあり、ご縁が巡ってくるタイミングも異なるため、深く落ち込む必要はありません。

大切なことは、あなた自身が、ほんの少しでも結婚したいという気持ちを持っているのであれば、結婚の確率が高い30代のうちに、アクションを起こすということです。

特に、30~34歳の年齢層は、成婚確率が高い年齢層であり、それ以降はどんどんと低下傾向にあることから、男性も少しでも若いうちに婚活に取り組むことが望ましいと言えます。

婚活をするならば、結婚相談所が最も効率的な選択肢となりますので、早速、無料カウンセリングの予約をするなどの行動をしてみましょう。

どんな経験もあなたの人生の糧となりますので、ぜひ思い切って、婚活への一歩を踏み出してみてくださいね。

あなたが今よりもっと、晴れやかに、幸せに、人生を歩んでいくことができますよう、心から応援しています!

姓名判断の相性占いが人気の結婚相談所ハレシアで婚活をしませんか?

東京青山のIBJ加盟相談所のハレシアでは、姓名判断×心理カウンセリング×コーチングを駆使した独自メソッドで「幸せが永続する結婚の実現」に向け、完全オーダーメイドのアドバイスで婚活支援をしています。

ハレシアの強みとしては、大きく以下の5つが挙げられます。

【Point1】IBJで6ヶ月の短期成婚を果たしたカウンセラーが担当
【Point2】男性1名・女性1名の計2名の専任カウンセラーが徹底サポート
【Point3】姓名判断の相性診断で「離婚可能性が高いお相手」を回避
【Point4】理系男性の婚活に強い
【Point5】入会金無料・お見合い料無料など、圧倒的にリーズナブルな料金体系

全国に数千社ある結婚相談所の中で、上記の全ての特徴を兼ね備えているのはハレシアだけだと自負しております。

結婚に関する不安やお悩みがある方は、いつでもお気軽に無料カウンセリングをお申込みください。

対面でもオンラインでも、あなたの好きな方法で、日本全国どこからでもご相談いただけます。

無料カウンセリングのご予約はこちらから